« 黒門亭でしん平・馬遊 | トップページ | 横浜の風景から 35 »

2009年6月 7日 (日)

日本橋亭で隅田川馬石

黒門町を後にして、末広町から銀座線に乗って三越前へ。
夜はお江戸日本橋亭にて、馬石さんの独演会だ!
日本橋夜のひとり噺 第二夜 隅田川馬石の会
黒門亭が終わって、そのまますぐに行ったので
さすがに早すぎるか?どこかで暇をつぶすか?
とりあえず行ってみたところ、もう並んでいる。
それならこのまま待つかと私は5番目。
開場時間まで50分、開演までは80分という早さ!

入船亭辰じん:子ほめ
隅田川馬石:安兵衛狐
隅田川馬石:締め込み
隅田川馬石:幾代餅

前座さんは辰じんさんだった。
今日は付いてるね!「子ほめ」である。
上手い!のはもうよく知っている。
基本はバッチリ、できているなあって。
これがどういうふうに崩れていくのだろう…
って、気が早すぎる。まだまだ先のことか…
馬石さんの一席目は「安兵衛狐」という噺。
はじめて聞いた。演目は仲入り前のトークで発覚!
お隣の源兵衛さんは、幽霊と夫婦になって、
安兵衛さんは狐のおこんと夫婦になるという…
そんなに艶っぽい内容でもないのだけど
「夜の噺」という…まずは導入でこのお噺!
続いて、ここが面白かったのだけど
前座修業時代の雲助師匠のお宅でのエピソードで
五街道わたし米泥棒疑惑!から「締め込み」へ。
ちょっと自分の面白い話をしゃべって、
そのまま自然に噺に入っちゃうのって、すごくいい展開。
こちらも夫婦のやり取り、というか夫婦喧嘩なんだけど
馬石さんというとやはり男女のやり取りが絶品だ!
どうもお席亭さんからのリクエストだったみたいで
軽やかに楽しく、盛り上がるいい噺を聞かせてもらった。
馬石さんのトーク「三道楽煩悩」でマラソンの話、
「隅田川馬石」の名前の由来の話、いつも聞いていると
マクラや何かで大体知っていることばかりなのだが、
細かいところまで聞かせてもらって、面白かった。
特に驚いたのが、42.195km走っちゃうんだ!
仲入り後の三席目は何が来るか!「幾代餅」でした。
「幾代餅」も私の大好きな噺でうれしい!
後半の清さんと幾代大夫のやり取りで
実は雲助師匠のが大好きなのだけど
もちろん馬石さんにも師匠の芸が受け継がれていて、
清蔵のまっすぐで正直な心が幾代大夫に通じて、
美しい噺に仕上がっていくところは感動!
やっぱり「幾代餅」は清らかに聞かせてほしいよねって。
馬石さんの「幾代餅」はぜひまた聞かせてほしい。
すごくいい気持ちになって楽しく帰ってきた。

|

« 黒門亭でしん平・馬遊 | トップページ | 横浜の風景から 35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45277022

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋亭で隅田川馬石:

« 黒門亭でしん平・馬遊 | トップページ | 横浜の風景から 35 »