« マーラーの名盤たち 8 | トップページ | 深夜便 落語100選から »

2009年7月 6日 (月)

クリストフ・フォン・ドホナーニ 1

ドホナーニのマーラーを続けて聞いたが、
今日からいよいよ指揮者ドホナーニに注目して
名演を振り返る企画をスタート!
最初はというと…夏だし!幻想交響曲。
1989年10月の録音で、後半には
ベルリオーズの編曲した「舞踏への勧誘」も収録。
演奏はクリーブランド管弦楽団である。
とことんシャープさを追求したような響きで
抑制された表情、明瞭でスタイリッシュな造形。
幻想交響曲というと派手に暑苦しい演奏もあるが、
こちらはギンギンに冷えているみたいに快適!
好きな人にはたまらないのだけれど…
嫌な人には、薄味に感じられるだろうな…
でも第4楽章以降の後半は、鋭い切り込みが鮮やかに
その刺激的な仕上がりに何ともいえない喜びを堪能!

DECCA 430 201-2

「クリストフ・フォン・ドホナーニ」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« マーラーの名盤たち 8 | トップページ | 深夜便 落語100選から »

コメント

ドホナーニのクリーブランド時代のCDは廃盤で、あまり聴くことが出来ませんね。ぜひ、廉価ボックス等で、ドカンと再発して欲しいです。80歳誕生記念でNDRの音源も出ないかなぁととっても期待しております。

投稿: Herb | 2009年7月 7日 (火) 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45559756

この記事へのトラックバック一覧です: クリストフ・フォン・ドホナーニ 1:

« マーラーの名盤たち 8 | トップページ | 深夜便 落語100選から »