« 市馬・小満ん・権太楼 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

2009年7月10日 (金)

バイロイト音楽祭2008

20090710

バイロイト音楽祭のホームページより
楽劇「ワルキューレ」第1幕第2場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2008年のバイロイト音楽祭から楽劇「ワルキューレ」。
だいぶ遅くなってしまったが、今日は第1幕である。
クリスティアン・ティーレマンの指揮
タンクレッド・ドルストの演出による7月29日の上演。
公開されている2008年の舞台写真は画質が悪いのだが、
第2場でフンディングの一行が戻ってきたところ。
ティーレマンの指揮に関して、何となく感じたのだが、
遠く彼方からの響き、そして彼方への響き、
音楽が生み出す遠近感のイメージが素晴らしい。
つまり前奏曲と第1場では、追手が迫ってくるのを意識し、
目の前の舞台があって、さらに見えないところにある
フンディングたちの存在。非常に奥行きが感じられる。
そして第3場まで行くと目の前にいるジークリンデの存在と
ジークムントの心の中にある明日の果たし合いへの意識、
ティーレマンの手法というのは、輪郭を際立たせることはしないのだが、
しかしそこから創造される音楽は、彫りの深い立体的な印象がある。

CDR545/546/547/548

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 市馬・小満ん・権太楼 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45594681

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2008:

« 市馬・小満ん・権太楼 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »