« ビリャソン 歌劇「ボエーム」 | トップページ | 黒門亭で歌る多・左橋・才賀 »

2009年7月31日 (金)

私が聞いた今年の名盤2009

少しだけ追加したので、今年の名盤の途中経過。
ケント・ナガノの大地の歌やパッパーノの「蝶々夫人」
ライブ盤ではハイティンクの「ダフニスとクロエ」


《交響曲》
◎マーラー 大地の歌 ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団

《管弦楽》
◎ニューイヤーコンサート2009~バレンボイム指揮ウィーンフィル

《協奏曲》
◎ブラームス ヴァイオリン協奏曲、二重協奏曲
  ~ヴァディム・レーピン シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


《室内楽》
今のところなし

《器楽曲》
今のところなし

《歌劇》
○プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」~パッパーノ指揮ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団

《声楽曲》
今のところなし

《ライブ盤》
◎ブルックナー 交響曲第4番(第1稿)~ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団
○ラヴェル 「ダフニスとクロエ」(全曲)~ハイティンク指揮シカゴ交響楽団
○マーラー 交響曲第1番「巨人」~ハイティンク指揮シカゴ交響楽団

は特に大切に感じられる名盤です)

|

« ビリャソン 歌劇「ボエーム」 | トップページ | 黒門亭で歌る多・左橋・才賀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45796213

この記事へのトラックバック一覧です: 私が聞いた今年の名盤2009:

« ビリャソン 歌劇「ボエーム」 | トップページ | 黒門亭で歌る多・左橋・才賀 »