« パッパーノ 歌劇「蝶々夫人」 | トップページ | ビリャソンとカウフマン »

2009年7月28日 (火)

神奈川県の高校野球

高校野球の神奈川県大会は明日29日が決勝。
毎朝、新聞を見ては気にしていたのだけど、
準々決勝あたりから目が離せなくなり…
何と決勝の組み合わせというのは、
私の母校である桐蔭学園と
私が住んでいる地元の横浜隼人が対戦。
こういうこともあるのか…という。ちょっと驚き。
まあ、もちろん母校の桐蔭を応援しているわけで
でも隼人が勝ったら、駅とか地元の商店街とか
お祭り騒ぎにでもなるのかなと見てみたい気もする。

しかしはっきりいいますけど…
地元の人が近所の学校を好きかというと決して好きではない。
どちらかというと嫌い。迷惑していることが多いから。
私立のマンモス学校が近所にあって、いいことなし。
それは私も桐蔭に6年間通っていて、
青葉台、市ヶ尾、あざみ野、柿生、新百合ヶ丘、…
地域の人にさんざん嫌われていたから、どこでも同じなのだ。
とにかく朝に夕に大量の学生が移動するのだから
それは邪魔、目障りなのは当たり前。何かと目につくことが多く…
高校生ぐらいって、一番生意気でマナーが悪い。
道路で横に並んで喋りながら歩くな!態度悪い。
ものを食いながら歩くな!飲みながら歩くな!
男女でいちゃいちゃ手をつないで歩くな!
といって、学生だけが悪いかというと…
学校、教員の指導力にもかなり疑問を感じる。

高校野球や他のスポーツでも注目を浴びるということは
同時に広くまわりから厳しい視線が注がれているのであり、
その辺をよく心得て、勝利の栄光にふさわしい学校になってほしい。
勝てばいいというものではないと思います。
出場選手だけの問題でもなく、学校全体で心を引き締めてほしい。

|

« パッパーノ 歌劇「蝶々夫人」 | トップページ | ビリャソンとカウフマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45770536

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県の高校野球:

« パッパーノ 歌劇「蝶々夫人」 | トップページ | ビリャソンとカウフマン »