« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

2009年8月19日 (水)

バイロイト音楽祭2008

20090819a

バイロイト音楽祭のホームページより
楽劇「ジークフリート」第2幕第1場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2008年のバイロイト音楽祭から楽劇「ジークフリート」。
今日は第2幕を聞いている。昔からここが大好きで。
クリスティアン・ティーレマンの指揮
タンクレッド・ドルストの演出による7月31日の上演。
アルベリヒが時折登場してくるが、ここでの第1場、
そして「神々の黄昏」の第2幕第1場など
ニーベルングの呪いを確認しているのであり、
音楽は暗く、不気味に…まさに暗黒の森だが、
「ニーベルングの指環」の物語が進んでいく中で
重要なスパイスになっている気がする。
第1場はアルベリヒとさすらい人ウォータンが
ファフナーから指環を奪い取ろうと
それぞれ言葉巧みにそそのかすのだが、
ふたりは全く相手にされないのであり…
その内容はこれからの展開を予告しているのである。
アルベリヒのアンドルー・ショアは素晴らしい!

20090819b

第2幕の舞台写真。森の中は設定の通りだが、
背後に建設中の高速道路が横たわっており、
ファフナーの大蛇を連想させる。

20090819c

ジークフリートが大蛇(ファフナー)を退治したところであろう。
第2幕第2場である。ファフナーはジークフリートに
「こうしたことをさせた者にこそ注意しろ!」と警告を与え、
ジークフリートは大蛇から剣を抜いた熱い返り血を口にして
すると小鳥の声を理解できるようになる。最も面白いところ!
大蛇との格闘の場面はものすごい重量感と迫力だが、
その後の小鳥の声で「森のささやき」が戻ってくると
何ともいえない美しい透明な響きでこの辺の描きわけの見事さ、
ティーレマンという人は何てうまい!表現の幅が広いのである。

CDR551/552/553/554/555

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45975260

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2008:

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »