« 黒門亭で怪談噺特集 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

2009年8月16日 (日)

柳家さん喬 「もう半分」

TBS落語研究会で放送された
「柳家さん喬」特集からの二席をDVD-Rに保存。
「もう半分」「干しガキ(黒田絵美子作)」
今朝の夜明けに放送されたのだが、
待ち切れずに早速見ている。
いうまでもなく、さん喬師匠は感動的!
何て素晴らしい「もう半分」。
大好き!っていう内容の噺ではないのだが、
「もう半分」という噺はつい聞きたくなってしまう。
いろいろ考えさせられる内容を含んでいて。
酒屋の夫婦は悪いが、もう半分のおじいさんも
娘が身を売って作ってくれたお金を忘れるという…
とにかくどっちもどっちの人間は罪深い。
「もう半分」を最初に聞いたのは五代目今輔さんの録音で
その迫力と緊迫感、恐ろしい展開ながら…感動した。
その後、志ん生さんで聞いて、先代の馬生さんで聞いて、
やっぱり最初のときの印象は強烈だったのだが、
今回のさん喬師匠はとにかくよかったのだ!
雲助師匠の「もう半分」も聞いてみたいな…
続いて「干しガキ」。さん喬師匠の新作ははじめて聞く。
新作といってもそこに広がる絵は古典の空気が漂うけど。
詳しくは書かない方がいいと思うんだけど、
「干しガキ」って、そういうこと。驚いた。面白い。
「少々難あり」で次郎柿ではなく与太郎ガキだそうで。
それが…話が進むとすごくいい噺で傑作だ。
心温まる…内容を書けないのが残念!感動。

|

« 黒門亭で怪談噺特集 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45949099

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家さん喬 「もう半分」:

« 黒門亭で怪談噺特集 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »