« 私が聞いた今年の名盤2009 | トップページ | 門前仲町の周辺を散歩 »

2009年8月 1日 (土)

黒門亭で歌る多・左橋・才賀

今日は朝から黒門亭へ!
先週のことがあるので、さらに早く出て…
でも着くと誰もいなくて、平穏な黒門町に戻っていた。
早すぎちゃったな…って退屈していると
志ん坊さんが来て、今日前座さんですか?って聞くと
これから新宿に行きますって、残念。
ちょっと立ち話で幸せな時間。
今日のお目当ては歌る多師匠!
歌る多一門のお弟子さん三姉妹は聞いているのだけど
肝心の師匠がまだ聞いたことなかったので、
今日は狙いを絞って、黒門亭だ!

第1部
春風亭正太郎:道具屋
古今亭朝太:欠伸指南~かっぽれ
橘家半蔵:そば清
三遊亭歌る多:お菊の皿
三遊亭らん丈:お見立て


正太郎さんも上手い!という前座さんのひとりで
たしかはじめて聞いたときが「道具屋」だったと記憶しているけれど、
今日も面白かった。第2部は「芋俵」でさらによかったかも。
朝太さんもいい!今日は「欠伸指南」であの雰囲気は大好きだ。
圓朝祭りと浅草の住吉踊りに向けて、かっぽれを披露!
半蔵師匠は今日がはじめて。この時期、「そば清」はいいなあ~
仲入り後、歌る多師匠が登場!怖いネタのマクラにはじまって、
今日は「お菊の皿」。素晴らしい!勢いのある若い衆が絶品。
「お菊の皿」は怪談ものといっても怖くないわけで、むしろ楽しい…
これから怖い女の噺をどんどん増やして、たくさん聞かせてくれるそうです。
昨年の圓朝祭りからの動画で「豊志賀の死」も最高だった!
実は豊志賀を演じたのはその一度きりだそうで、聞きたいな…
歌る多師匠はまた狙って、聞きに行くぞ!すっかりファンに。
あまりに夢中になって聞いたもので、お菊ちゃんに生気を吸われたのか?
トリのらん丈師匠「お見立て」で撃沈。すごく面白い噺なんだけど…
木兵衛大尽の田舎っぷりがすごくよかった。

20090801a

第2部
春風亭正太郎:芋俵
三遊亭亜郎:ちりとてちん
初音家左橋:百川
桂才賀:親子酒


第2部は客の入りがいまいちだったが、
私的にはすごく魅力的な顔付けです。
亜郎さんが「ちりとてちん」。面白すぎ!
新作の空気が漂う古典には私ははまるようで
鰻の蒲焼きを勧められるところで…いつもの
「鰻の蒲焼きというものがこの日本にあるということは聞いたことが…」
なんだけど、一方の虎さんは「養殖?」と反抗、鰻といえば…で

「鰻屋」の鰻を扱う場面に突入、サゲまで行って、
何の噺だっけ…と、「ちりとてちん」が復活するという
亜郎さんは面白いし、この自由自在な動きは最高だ!
続いて左橋師匠が「百川」。まさにシーズン!
百兵衛さんのキャラが絶品だった。イメージにぴったり。
今日のトリは才賀師匠。正月に聞いたときも「親子酒」だったのだけど
酔っ払いの描写は格別だなあ…圧倒的!ちょっとピリ辛なのが心地よい。

20090801b

|

« 私が聞いた今年の名盤2009 | トップページ | 門前仲町の周辺を散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45811409

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で歌る多・左橋・才賀:

« 私が聞いた今年の名盤2009 | トップページ | 門前仲町の周辺を散歩 »