« 人形町翁庵で隅田川馬石 | トップページ | クリストフ・フォン・ドホナーニ 7 »

2009年8月 9日 (日)

さん喬・扇遊・正朝

今日は「真打ち競演」からの三席を聞いている。
最近の放送でさん喬師匠と扇遊師匠そして正朝師匠。

柳家さん喬:そば清
入船亭扇遊:お菊の皿
春風亭正朝:蔵前駕籠


何となく柔らかい口調の三人の師匠方で
夏のこの時期にぴったりの三席。
さん喬師匠の「そば清」はやっぱり最高!
どうも~って、丁寧できれいな語りが魅力的。
そして「お菊の皿」。夏には何度も聞くけれど、
扇遊師匠だと、慣れてるこの噺もすごくいい!
やっぱり語り口が心地いいのだ~
正朝師匠の「蔵前駕籠」もテンポ感が絶妙。
駕籠の噺なのでリズムとか流れが重要かな。
とにかくこの三席はすごくよくって!

|

« 人形町翁庵で隅田川馬石 | トップページ | クリストフ・フォン・ドホナーニ 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/45882750

この記事へのトラックバック一覧です: さん喬・扇遊・正朝:

« 人形町翁庵で隅田川馬石 | トップページ | クリストフ・フォン・ドホナーニ 7 »