« 第1617回N響定期公演 | トップページ | 黒門亭で八朝・志ん橋・金時 »

2009年9月12日 (土)

小遊三・米丸・圓歌・馬風

NHK「日本の話芸」で録りためた四席をDVD-Rに保存。
順番は私なりに下記のような内容にしてみたが、
東京落語会600回記念の特別興行より。

三遊亭小遊三:浮世床
東京落語会600回記念口上
桂米丸:旅行鞄(大野桂作)
三遊亭圓歌:中沢家の人々
鈴々舎馬風:猫の災難


落語協会と落語芸術協会の幹部が勢揃い。
何てすごい会が実現するのでしょう…
小遊三さんが「浮世床」を軽めに
その後に記念口上が放送されて、小遊三さんが司会、
米丸、圓歌、歌丸、馬風、小三治という大御所たちが口上。
圓歌師匠のいつもながらの「中沢家の人々」。
毎回同じなのに何度聞いても面白くって、笑える。
馬風会長がマクラで酒にまつわる志ん生の昔話。
すごくいい~そこから自然に「猫の災難」へ。
マクラから噺への流れが絶妙だなあ。
馬風会長の「猫の災難」は本当によかった。
師匠の先代小さんは、東京落語会で記念の会というと
「猫の災難」をやっていたそうで…それで600回の記念に。

|

« 第1617回N響定期公演 | トップページ | 黒門亭で八朝・志ん橋・金時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46193088

この記事へのトラックバック一覧です: 小遊三・米丸・圓歌・馬風:

« 第1617回N響定期公演 | トップページ | 黒門亭で八朝・志ん橋・金時 »