« 柳家小満ん「あちたりこちたり」 | トップページ | 横浜の風景から 36 »

2009年9月 6日 (日)

馬風・小三治・圓蔵・権太楼

NHK「日本の話芸」で録りためた四席をDVD-Rに保存。
順番は私なりに下記のような内容にしてみたが、
相変わらず「日本の話芸」は豪華な顔ぶれ。

鈴々舎馬風:粗忽長屋
柳家小三治:馬の田楽
橘家圓蔵:品川心中
柳家権太楼:子別れ~浮名のお勝

馬風会長は「粗忽長屋」で前半はマクラ長めに
落語界の懐かしい話に修業時代のこと、
自分の言葉で自然に聞かせて、お客もゆっくり引き込まれて、
そのまま「粗忽長屋」に入っちゃう、この辺はさすがだな。
小三治師匠の「馬の田楽」も同じくマクラでは
馬に関する昔の思い出話からのんびりはじまって
この噺ものどかな風景が広がるのだけど
リラックスして聞いて、こちらもゆっくりしちゃって。
続いて圓蔵師匠が「品川心中」で
男女の噺は柄じゃないけど…と自ら指摘で
まあ独特で…でも芸風にうまく取り込んだ一席。
やっぱり私が大好きなのは権太楼師匠だ。
珍しい「子別れ(中)」で前半は弔いの場面を軽く、
そして吉原から戻ってきた熊さんがお勝との惚気話を語り、
最後におかみさんと亀ちゃんを追い出しちゃうという…
地味であまり演じられないけれど…私はこの場面がすごく好き。
というのは、おかみさんが本当によくできた人で
夫婦喧嘩の間に入る亀ちゃんがかわいそうで…実は人情噺。
権太楼師匠の語りがものすごく感動的!夢中になってしまう。
真剣にこんなに素晴らしいのは、そうは聞けない…
基本的に熊さんが酔っ払いで呂律が回ってなくて、
会場からは大いに笑いが起こっているんだけど、
おかみさんが亀ちゃんに育ててもらったお礼をいうんだよって、
亀ちゃんは駄目親父を責めて、泣けちゃうシーンで心にしみる。
権太楼師匠がものすごいカッコいいのだ!しびれる。

|

« 柳家小満ん「あちたりこちたり」 | トップページ | 横浜の風景から 36 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46141642

この記事へのトラックバック一覧です: 馬風・小三治・圓蔵・権太楼:

« 柳家小満ん「あちたりこちたり」 | トップページ | 横浜の風景から 36 »