« さん喬・白酒・雲助 | トップページ | メトロポリタン歌劇場2007/2008 »

2009年10月27日 (火)

ヘルベルト・ブロムシュテット 2

ブロムシュテット指揮サンフランシスコ交響楽団による
R.シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」とアルプス交響曲。
1988年5月31日と6月1日の二日間で収録された。
ブロムシュテットはシュターツカペレ・ドレスデンでも
このサンフランシスコへ移籍するちょうど前の時期に
同じくR.シュトラウスの交響詩をいろいろと録音しており、
そちらも非常に評価が高いのだが、今日はDECCAへの録音で
最初のR.シュトラウスとなったドン・ファンとアルプス交響曲である。
このCDもずいぶん久しぶりに聞いてみたのだが、
改めてやっぱりブロムシュテットのR.シュトラウスは完璧だ。
20年前の録音なので、マエストロも若かったのかもしれないけれど
アメリカのオーケストラはスカッとした響きを聞かせて、
輝きは120%の爽快感あふれる演奏である。
ゲヴァントハウス管弦楽団との渋いブロムシュテットのイメージだと
ここでは多少表面的な効果に関心が向いてしまいがちだが、
しかし必要以上の絵画的色彩に走らない引き締まった仕上がりは
やはりブロムシュテットならではの誠実な音楽であり、感動的である。

DECCA 421 815-2

|

« さん喬・白酒・雲助 | トップページ | メトロポリタン歌劇場2007/2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46601159

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルベルト・ブロムシュテット 2:

« さん喬・白酒・雲助 | トップページ | メトロポリタン歌劇場2007/2008 »