« 彦いち・百栄・玉の輔 | トップページ | 可楽・歌丸・木久扇・金馬 »

2009年10月19日 (月)

横浜の風景から 38

20091019a

旭区さちが丘にある馬頭観世音。
戻ってきてから地図で調べなおしたら
ちょうど南希望が丘とさちが丘の境界であった。
現在の住所なので、ここが町の境界であるという
場所に意味があるのかは分からないのだが、
住宅のブロック塀の前にひっそりと残されており…
しかしこの馬頭観世音は、ここに家が建って、
人が住みはじめるはるか昔からあったのだろうという。

馬頭観音とは、調べてみると…
昔は馬が移動や荷運びの重要な手段であったが、
馬が急死した路傍や馬捨場に馬頭観音が祀られ
動物供養塔としての意味合いが強いようである。
今回のように「馬頭観世音」の文字だけが彫られている場合には
多くが供養のために祀られたそうだ。

20091019b

この道は、南希望が丘や善部町と二俣川方面を結ぶ道で
現在は抜け道のような役割でそれほど広くはないのだが
おそらく歴史的には、かなりの昔から人々が行き来していて
それでちょうど中間点のここに馬頭観世音が祀られたのだろう。

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 彦いち・百栄・玉の輔 | トップページ | 可楽・歌丸・木久扇・金馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46527842

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 38:

« 彦いち・百栄・玉の輔 | トップページ | 可楽・歌丸・木久扇・金馬 »