« メトロポリタン歌劇場2007/2008 | トップページ | 横浜の風景から 40 »

2009年10月29日 (木)

横浜の風景から 39

20091029a

旭区さちが丘を歩いていて見つけた牛馬観世音。
馬頭観世音はよく見かけるけれど、牛馬というのははじめて。
おそらく農作業において重要な労働力であった牛や馬の
供養塔として、祀られているのだろう。私の推測だけど。
この牛馬観世音の由来として説明されているのを読むと
牛馬は人につくして死んでいったので
交通安全や無病息災、お願いごとが叶ったときには
お線香をあげて供養しましょう…という内容が書かれている。

20091029b

牛馬観世音から坂を下りてくると「松永稲荷」という神社があった。
立派な木の下にあって、本格的な感じだが、個人のお社かなと…
しかしこのお隣の家は、松永さんではなかったので、
どういう神社なのかな?って不思議に思っていたのだが、
帰りに見たら、この上の家が松永さんであった。
ご先祖様が道の脇に神社を祀ったのであろう。
その道は舗装されて、人も車も通る現在の風景である。

20091029c

さらに下りて行くと、新幹線のガード下をくぐるトンネルがあるのだが、
この狭くって、天上の低いトンネルだけど、向こうには数件の住宅がある。
新幹線の向こう側の集落へは、このトンネルと階段しか道が通じてなくて、
駐車場には車も止まっていて、ということはこのトンネルを通る?
戻ってきてから地図を調べなおしたのだが、やはり他に道はない。
このトンネルを車が通るのだ。狭い。驚き。たいへんそう…

|

« メトロポリタン歌劇場2007/2008 | トップページ | 横浜の風景から 40 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46617053

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 39:

« メトロポリタン歌劇場2007/2008 | トップページ | 横浜の風景から 40 »