« 横浜の風景から 39 | トップページ | 横浜の風景から 41 »

2009年10月29日 (木)

横浜の風景から 40

20091029d

さらに旭区さちが丘を歩いていて見つけた大六天社。
人しか通れない長い階段を上っていくとあった。
階段の横は、現在はマンションが建ってしまっているけれど
20年前までは、山の中を上がっていく
ひっそりとした小路だったに違いない。

大六天とは…と調べてみたところ
第六天と書くことの方が多いようで?
仏教における天のうち、欲界の六欲天の最高位にある
他化自在天(たけじざいてん)のことだそうである。
他人の楽しみを自由に自らのものとすることができるという…
第六天神社は、その神仏習合の時代の他化自在天を祀る神社として
創建された…とある。明治の神仏分離の際には
多くの第六天神社が神世七代の第六代
「面足命・惶根命(おもだる・あやかしこね)」に
祭神を変更した…とのことだが、何のことやらわからない。

20091029e

さちが丘の大六天社の横にも馬頭観世音。
こちらも農作業で活躍した馬たちの供養塔であろう。

|

« 横浜の風景から 39 | トップページ | 横浜の風景から 41 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46621449

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 40:

« 横浜の風景から 39 | トップページ | 横浜の風景から 41 »