« 志ん五・菊志ん・馬風 | トップページ | さん喬・白酒・雲助 »

2009年10月25日 (日)

落語につぶやき 7 ~湯屋番

落語協会配信のインターネット落語会(10月下席)
新宿末広亭の9月中席からの三席。

古今亭志ん橋:熊の皮
春風亭一朝:湯屋番
五街道雲助:持参金


志ん橋師匠の「熊の皮」だ!って早速聞いてみたのだが、
「志ん橋・一朝・雲助」なんて、何て魅力的な顔付けなのでしょう。
ここでちょっと一朝師匠の「湯屋番」を聞いて、ひとつ考察。
今まであまり気にしていなかったのだけど、最近は注意深く!
勘当の若旦那がお湯屋に奉公に行くけれど、
若旦那が自分で務めたい湯屋を探してくるバージョンと
大工熊の親方が店を紹介する場合とあって、
一朝師匠は親方が知り合いの湯屋を紹介するのだが、
「日本橋の槙町の奴湯」だそうである。「槙町」でいいのかな?
江戸時代の地図を調べてみたのだが、
上槙町、富槙町、南槙町、下槙町という地名が見つかり、
そのどこかなのだろうか?とするならば…
現在の日本橋2丁目か八重洲1丁目の周辺のようで
東京駅の八重洲口である。というのでいいのだろうか?
Yahoo!動画から最近GyaO!に変わったけれど
インターネット落語会のアーカイブスで
菊志んさんの「湯屋番」を聞いてみたのだが、
「日本橋の奴湯」という表現がされている。
どこの町か?まではないけれど、やっぱり日本橋。
「湯屋番」の若旦那は日本橋の湯屋にいた!

大工の熊さんが神田竪大工町に住んでいたかはわからないけれど
神田の周辺にいたとすると日本橋の湯屋と知り合いというのも
うなずける!ちょうどいい位置関係と距離感だ。これは蛇足。

|

« 志ん五・菊志ん・馬風 | トップページ | さん喬・白酒・雲助 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46583786

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 7 ~湯屋番:

« 志ん五・菊志ん・馬風 | トップページ | さん喬・白酒・雲助 »