« NHK音楽祭2009 | トップページ | ヘルベルト・ブロムシュテット 1 »

2009年10月 8日 (木)

レイフ・オヴェ・アンスネス

レイフ・オヴェ・アンスネスの現代作品を集めたアルバム。
ベント・セレンセン:子守歌
ヴィトルド・ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲(1987)
ジェルジ・クルターク:「遊戯」から8曲
マルク・アンドレ・ダルバヴィ:ピアノ協奏曲(2005)
ベント・セレンセン:沈黙の影
協奏曲では、メスト指揮バイエルン放送交響楽団と共演しており、
2007年5月16-19日にミュンヘンのヘルクレスザールでライブ録音。
その他の独奏曲は2007年7月13,14日にロンドンで収録された。
ダルバヴィのピアノ協奏曲とセレンセンの沈黙の影は
アンスネスのために書かれた作品だそうでこれが初録音。
最近の現代音楽は聞きやすくって、難解さは感じられないが、
といって普通のファンが聞いたら物足りないだろう。
昔からの現代音楽専門の人にもどこか中途半端なのでは?
アンスネスならではの透明感と洗練された輝きが特長で
その点では美しい音色の現代音楽を聞くことができるし、
清らかさと優しさに関してはヒーリングである。
難しさはない。でも最初から好きか?というと微妙…
親しみを感じるようになるには少し時間がかかりそう。
ルトスワフスキのピアノ協奏曲は有名だが、
クリスティアン・ツィメルマンに捧げられた作品である。
やっとツィメルマン以外の名手で聞けるようになった。

EMI 2 64182 2

|

« NHK音楽祭2009 | トップページ | ヘルベルト・ブロムシュテット 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46433462

この記事へのトラックバック一覧です: レイフ・オヴェ・アンスネス:

« NHK音楽祭2009 | トップページ | ヘルベルト・ブロムシュテット 1 »