« 黒門亭で萬窓・しん平 | トップページ | 無限落語で圓丈・小ゑん »

2009年10月11日 (日)

黒門町~神田~日本橋の散歩

黒門亭第1部は14時15分の終演で
上野1丁目の黒門町を後にして
途中、秋葉原の石丸電気でCDを購入。
神田でラーメンを食べて、日本橋まで散歩した。
落語に登場する名所に立ち寄りつつ。

20091011a

秋葉原にある有名な「万世橋」。
地図では「万世橋」となっているが、
実際の橋には旧字で「萬世橋」と表記されている。
「反対俥」で「万世橋から上野にやってくれ」というのでよく聞くが
秋葉原に行ったら万世橋の近くは必ず通っている。
「反対俥」は今川橋で人力車を拾って、今川橋は現在の鍛冶町、
つまり神田駅の東側で人力車に乗って、中央通りで須田町を通って、
万世橋を渡って、末広町、上野の広小路、不忍池の横を通って、
上野駅に至る…それほどの距離ではないという印象。

「浜野矩随」で浜野矩随の親子が住んでいたのが神田小柳町。
小柳町というのが現在の神田須田町1丁目だそうである。
その須田町を通って、神田駅の周辺へ。

20091011b

「三方一両損」で大工と左官が登場するが、
大工が住んでいるのは神田竪大工町、
左官が住んでいるのは神田白壁町。
神田駅の西側が竪大工町(現在の内神田3丁目)、
東側が白壁町(現在の鍛冶町2丁目)だそうである。
写真は佐竹稲荷でこの周辺が神田竪大工町。
現在は神田駅近くの飲食店が立並ぶ繁華街。
「大工調べ」の棟梁政五郎も神田竪大工町だが、
「三井の大黒」の政五郎は橘町だそうで…
でも大工というと神田竪大工町なのか?

20091011c

神田から日本橋方面に歩いて、
日本橋室町4丁目にある家内喜稲荷神社。
ビルとビルの間に挟まれて、でもここだけは風情の残る…
何ともいえない味のある素敵な神社。

20091011d

家内喜稲荷神社の近くに…少し歩いて、
こちらは白幡稲荷神社。ちょっと立派な印象。

20091011e

ここからは神田紺屋町に向かって「紺屋町」の交差点。
紺屋といえば「紺屋高尾」。紺屋というのは染物屋さん。
江戸時代にはこの周辺に染物屋さんが集まっていたそうで。

20091011f

紺屋町の近くにある金山神社。住所は千代田区岩本町。
ここも立派な印象だが、静かな通りでひっそり。

20091011g

近くにあるお玉稲荷。この周辺にお玉ヶ池があったそうで。
「紺屋高尾」に登場する医者のお玉ヶ池の先生。
なるほど神田紺屋町からすぐの場所である。

20091011h

ビルに挟まれたちょっとした公園だが「お玉ヶ池跡」とある。
この周辺にお玉ヶ池にちなんだ史跡の表示がたくさんあって、
「お玉ヶ池ビル」という建物もあった。

20091011i

時間も遅くなって、急いで日本橋方面へ。
本日の最後の目的地「料亭百川楼跡」。
「百川」で出てくる実在したという百川楼。
しかしながら現在では正確な場所はわからないという。
浮世小路の福徳神社の周辺にあったという記録があるそうで
それが写真のように日本橋は再開発中で福徳神社も引越し。
向かいの「福徳茶屋」に間借りしているそうだが、
再開発の後にはきっと福徳神社も復活することをお祈りして、
お江戸日本橋亭へ。夜は「無限落語」。

|

« 黒門亭で萬窓・しん平 | トップページ | 無限落語で圓丈・小ゑん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46464828

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門町~神田~日本橋の散歩:

« 黒門亭で萬窓・しん平 | トップページ | 無限落語で圓丈・小ゑん »