« 黒門町~神田~日本橋の散歩 | トップページ | 柳家小満ん 江戸東京落語散歩 »

2009年10月11日 (日)

無限落語で圓丈・小ゑん

お江戸日本橋亭で「第23回 無限落語」
開演の一時間以上前で16時25分到着。
すでに行列が!もっと早く来るべきだった…
今日は圓丈師匠と小ゑん師匠の二人会。
「三遊亭圓丈vs柳家小ゑん」ということで
ラウンド1では古典落語対決
ラウンド2では新作落語対決
新作では、それぞれのネタを交換して。
仲裁役に三遊亭天どんさんが登場!
素晴らしい内容。私はうれしい!
こういうの大好きだ。

三遊亭はら生:旅館プレイ
三遊亭圓丈:強情灸
柳家小ゑん:片棒
三遊亭天どん:通信簿
柳家小ゑん:グリコ少年(圓丈作)
三遊亭圓丈:カランコロン(小ゑん作)

はら生さん。誰?知らない…
圓丈師匠のお弟子さんだそうで見習い中かな?
落語協会の名簿にも出ていなくて、まもなく前座さん?
「旅館プレイ」なんて、怪しいタイトルの新作だが、
こころちゃんという女の子とお父さんのほのぼのとした話。
落語家としての話芸はこれから修業なんだろうけど、
でも新作落語のネタとしては、情景がわかるわかる!という
私は結構好きで…これは期待の新人!
出演者一同で挨拶の後、圓丈師匠の「強情灸」。
これがよかった!今日一番よかったかも!というぐらいに。
「強情灸」前半の銭湯で熱い風呂に入る場面。
かなり濃い派手な演出だが、ウ~ウ~ぬるい…って、
でも熱い風呂を我慢するってこういうことだよ!という。
小ゑん師匠は「片棒」。こちらは描写がリアルで
キャラ作りが濃い!赤西屋の旦那でお父さんが怖いし…
長男から金銀鉄と三人が登場するのだが、はっきり描きわけ。
オチにつながる鉄三郎は、ちょっと与太郎キャラが入っているようで
いや、与太郎ではなく…小ゑん師匠の場合には、
新作で聞けるオタクキャラの要素が見えてきたような?
とにかく面白すぎ。前半から爆笑でヘトヘト…
そこに出てきた天どんさん。お客に「大丈夫ですか?」という。
「もう一時間半座ってますよ。お尻痛いですか?」
軽くしますからって、「通信簿」。天どんさんもいいな~
仲入り後は新作対決で小ゑん師匠による圓丈作「グリコ少年」。
これが最高だった!私ははまった!笑って笑って、最高!
圓丈師匠の「グリコ少年」も録音をもっていて、聞いているのだが、
小ゑん師匠の「グリコ少年」に対する想いの強さと
そして「おまけ付きグリコキャラメル」の懐かしい思い出が勝るという!
これまで聞いてきた小ゑん師匠の中でも大切にしていきたい一席。
最後に恒例のキャラメル配りが行われたのだが、
私はグリコのビスコをゲット!師匠が私のところに投げてくれた!
うれしくって…うれしくって…興奮がやまない。

20091011

トリは圓丈師匠の小ゑん作「カランコロン」
「無限落語」通信の最終発表では「カランコロンの涙」という演目に。
この噺は小ゑん師匠が演じるときには「牡丹灯籠42.195km」で
演目は知っていたけれど、聞くのは今回がはじめて!うれしい。
そのカランコロンというのはご存じの通り「下駄」の音なのだが、
圓丈師匠は音で噺を捉えるのがやはりお好きだな!って。
涙というだけに…ちょっとしんみりくるいい噺なのである。
カランコロンカランコロンカランコロン…という哀愁のある音色、
頭の中に残ってしまって、圓丈師匠がよかった!
後からじわじわ来る。さすがにじっくり聞かされて…
小ゑん師匠の噺もいいし!圓丈師匠の語りにも感動。
すごく幸せな気持ちになって、ご機嫌で帰宅。

|

« 黒門町~神田~日本橋の散歩 | トップページ | 柳家小満ん 江戸東京落語散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46468113

この記事へのトラックバック一覧です: 無限落語で圓丈・小ゑん:

« 黒門町~神田~日本橋の散歩 | トップページ | 柳家小満ん 江戸東京落語散歩 »