« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | 横浜の風景から 42 »

2009年11月10日 (火)

バイロイト音楽祭2008

20091110a

バイロイト音楽祭のホームページより
楽劇「神々の黄昏」の舞台からグンターとハーゲン。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2008年のバイロイト音楽祭から楽劇「神々の黄昏」。
今日は第1幕の後半で第2場と第3場。
クリスティアン・ティーレマンの指揮
タンクレッド・ドルストの演出による8月2日の上演。
序幕から間奏曲「ジークフリートのラインへの旅」へと
最高の盛り上がりをみせ、場面はギービヒ家へと変わって、
第1幕は少々地味であるのかもしれない。
しかしここがワグネリアンにはたまらない。
序幕と第1幕で二時間にも及ぶ…長いのである。
第1幕に関しては2008年の舞台写真は公開されていない。
ということでここから登場して、「神々の黄昏」の中心的な配役である
グンター(ラルフ・ルーカス)とハーゲン(ハンス・ペーター・ケーニヒ)。
第3場では再びブリュンヒルデの元にジークフリートが現れるが
隠れ頭巾によってグンターに姿を変えているのであり、
ブリュンヒルデは衝撃を受ける。

CDR558/559/560/561

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | 横浜の風景から 42 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46730767

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2008:

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | 横浜の風景から 42 »