« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

2009年11月13日 (金)

バイロイト音楽祭2008

20091113

バイロイト音楽祭のホームページより
楽劇「神々の黄昏」第3幕第1場の舞台写真である。
http://www.bayreuther-festspiele.de/

2008年のバイロイト音楽祭から楽劇「神々の黄昏」。
今日は第3幕を第1場の途中からで準備ができたところ。
明日、じっくりと聞きたいと思っているが、
クリスティアン・ティーレマンの指揮
タンクレッド・ドルストの演出による8月2日の上演である。
画像は第3幕第1場のラインの乙女たちだが、
胸がはだけちゃって、何だかだらしない…という。
ラインの黄金をアルベリヒに奪われて、
その後取り戻すことのできない堕落ぶりを表しているのか…
神々の世界を擬人化して描く演出もあるが、
ドルストの演出は何となくその点でも中途半端で
ならばラインの乙女たちも中性的な表現がいいのだけど…
一方でティーレマンの指揮による音楽は、何というか…
ただただ素晴らしくって、圧倒的完成度である。感動。
「神々の黄昏」も第3幕に来るといよいよ終わりなので
特別な思いがこみ上げてくる。それはいつものことだが。

CDR558/559/560/561

「バイロイト音楽祭」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46755458

この記事へのトラックバック一覧です: バイロイト音楽祭2008:

« バイロイト音楽祭2008 | トップページ | バイロイト音楽祭2008 »