« ベルリンフィル 2008/2009 | トップページ | ベルリンフィル 2008/2009 »

2009年11月17日 (火)

ベルリンフィル 2008/2009

サイモン・ラトル指揮ベルリンフィルによる
ブラームスの交響曲全集より今日は交響曲第2番と第3番。
2008年10月29日から11月14日にかけてのライブ録音。
この第2番は名演である。私は好きな演奏だ。
息づかいが素晴らしい。ラトルであり、ベルリンフィルであり、
音楽における呼吸の大切さ。ニュアンスと響きのコントロール。
聞いたことのないような美しい歌が魅力であり、
同時に激しい起伏や劇的な展開も併せもつ。
この辺はまさに!さすがにラトルのセンスは輝いている。
第3番の方は比較的スタンダードなのではないかと。
全体に音楽を非常に丁寧に扱っていて、
緻密な印象と自然な展開とが見事に両立されているのには
なるほど!ベルリンフィルによる最上級の演奏であると納得!

EMI 2 67254 2

「サイモン・ラトル」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ベルリンフィル 2008/2009 | トップページ | ベルリンフィル 2008/2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46791458

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンフィル 2008/2009:

« ベルリンフィル 2008/2009 | トップページ | ベルリンフィル 2008/2009 »