« ルツェルン音楽祭2005 | トップページ | 落語につぶやき 9 »

2009年11月27日 (金)

ベルリンフィル2008/2009

2009年のヨーロッパ・コンサート。
今年も5月1日で指揮はリッカルド・ムーティ。
会場はナポリのサン・カルロ歌劇場である。
BShiで録画して、映像付きで聞いている。
ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲にはじまり、
マルトゥッチの追憶の歌。独唱はヴィオレタ・ウルマナ。
シューベルトの交響曲第8番ハ長調D.944
ムーティの「運命の力」序曲はお馴染みだ。最高!
そしてムーティが積極的に紹介しているマルトゥッチ。
今回は歌曲でこれがまた美しい作品である。
本当に素晴らしい選曲で…前半はイタリア・プログラム。
後半はさらにムーティお得意のシューベルトの交響曲第8番。
圧倒的存在感のマエストロだが、刺激的な世界に興奮する。

DVDR140

「リッカルド・ムーティ」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ルツェルン音楽祭2005 | トップページ | 落語につぶやき 9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46875591

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンフィル2008/2009:

« ルツェルン音楽祭2005 | トップページ | 落語につぶやき 9 »