« 柳家小満ん 「竹の水仙」 | トップページ | 落語につぶやき 8 ~宮戸川 »

2009年11月20日 (金)

横浜の風景から 43

20091120a

瀬谷区阿久和東4丁目にある熊野神社を参拝。
阿久和の周辺では最も有名な神社で広く知られている。
鳥居のそばにある横浜市教育委員会の説明を読むと
平安時代から地域の人は、こんもりと茂ったこの森を
「天神地祇の御座所」と敬って、木を伐ることを禁じ
「まつりの場所」としてきたそうだ。
そして南北朝の時代に小さな社を建てて祀ったらしい。
現在の社殿も明治6年の建立だそうである。
ここまでの古い歴史があったのには驚き!
横には神楽殿があり、相模歌舞伎(地芝居)が演じられてきた。
こちらも昭和9年の建築だという。
現在では地域の人々の踊りや歌など
祭りの場として利用されているそうである。

20091120b

熊野神社のすぐ近く、堂村橋の横で
阿久和川沿いに道祖神とお地蔵さんを見つけた。

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 柳家小満ん 「竹の水仙」 | トップページ | 落語につぶやき 8 ~宮戸川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46815305

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 43:

« 柳家小満ん 「竹の水仙」 | トップページ | 落語につぶやき 8 ~宮戸川 »