« 黒門亭で文左衛門・才賀・駿菊 | トップページ | レナード・バーンスタイン 6 »

2009年11月 1日 (日)

ひぐらし寄席で白酒・馬石

黒門町から日暮里に移動して、
ひぐらし寄席で隅田川馬石さんの会。
今回のゲストは白酒さん。やったね!

柳亭市也:転失気
隅田川馬石:浮世床
桃月庵白酒:松曳き
隅田川馬石:文七元結


今日の前座さんは市也さんだ。
志ん坊さんに会えなくて残念…
市也~馬石でイケメン大会だそうで
それにケチをつけたのが、白酒さん。
馬石さんは「自称サーファー」みたいに怪しいとのことで。
「馬石と仲間たち」は何とも心地いい楽しいやりとり。
さらに白酒さんは「馬石は弟弟子だと思っていたら、仲間にされていた」
(雲助)師匠に聞いてみたら、「俺も仲間らしいよ…」って
白酒さんの毒舌は快調で。順番が逆になってしまったが、
市也さんの「転失気」にはじまり、珍念がかわいくって…
あれでは女性ファンはきゅん!ってなってしまう。
馬石さんの一席目は「浮世床」の後半で夢を語っていく場面。
男女のやり取りは絶品の馬石さんなので、見事!
そして白酒さん登場!マクラもたっぷり、組織の話題に言及して、
なんと「松曳き」が来た。私の大好きな噺。うれしい。
白酒さんで聞けるなんて。これが面白い。
殿も三太夫さんもその粗忽っぷりといったら…天下一品。
はっきりいって、白酒さんの「松曳き」は最高です。
さんざん笑わせてもらって、楽しい時間を堪能して、
いよいよ仲入り後に馬石さんの「文七元結」である。
まさに人情噺をじっくり、しんみりと聞かせてもらった。
芝居仕立ての丁寧な語りで馬石さんならではだ。
佐野槌のおかみさんが長兵衛親方に説教する場面では、
じわじわと静かに心の深いところに響いてくる感じだし、
一方で…吾妻橋で文七の身投げを止めるところ、
50両の金を投げつけて、「死ぬんじゃねえぞ!」って叫び、
そして翌朝、長屋の長兵衛宅での夫婦喧嘩、
こういうところでは思い切り迫力のある大胆な芝居で
馬石さんはよく考えて、場面転換の特長づくりを工夫していると
長い噺だけど、あっという間に夢中で聞いてしまった。
「文七元結」は本当に素晴らしくって、私にとっては特別だ。

|

« 黒門亭で文左衛門・才賀・駿菊 | トップページ | レナード・バーンスタイン 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46652837

この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらし寄席で白酒・馬石:

« 黒門亭で文左衛門・才賀・駿菊 | トップページ | レナード・バーンスタイン 6 »