« 第1656回N響定期公演 | トップページ | レナード・バーンスタイン 9 »

2009年12月 9日 (水)

第1657回N響定期公演

10月のN響定期公演から
アンドレ・プレヴィンの指揮による演奏会。
プレヴィンとN響によるお馴染みのモーツァルト・プログラムで
後期の交響曲から第38番「プラハ」、第39番、第40番。
2009年10月28日にサントリーホールで収録されたものを
BS2で録画して映像付きで聞いている。
素晴らしいモーツァルトだ!まさに極上の音楽、至福の世界。
角張ったところが全くなくて、余裕に満ちた表現であり、
穏やかで優しくて、プレヴィンの愛情がつまった演奏。
美しい響きが心地よくて、もうとにかく…うっとりである。
多少控え目なところに気品あふれる美意識が生まれるわけで…
いまこの音色を出せるのって、やはりプレヴィンならではなのだ。
次回の来日も楽しみにしている。お体大切にいつまでもお元気で!

DVDR147

「アンドレ・プレヴィン」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 第1656回N響定期公演 | トップページ | レナード・バーンスタイン 9 »

コメント

サントリーホールは私も好きです!
あの素晴らしい会場で素晴らしい演奏を聴いてみたくなりますね。

投稿: れもん | 2009年12月10日 (木) 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46981265

この記事へのトラックバック一覧です: 第1657回N響定期公演:

« 第1656回N響定期公演 | トップページ | レナード・バーンスタイン 9 »