« ヘルベルト・ブロムシュテット 4 | トップページ | 第1655回N響定期公演 »

2009年12月 7日 (月)

横浜の風景から 49

20091207a_2

瀬谷区阿久和西4丁目の山谷道祖神。
ダイエー阿久和店の向かいというと
この辺ではすぐにわかるのだが…
道祖神とは、村の入口に祀られて、
旅の安全を守り、疫病神や悪霊を防ぐ神様であるが、
ここは
大きく見ると大和市から横浜方面へ向かう道にあって
日向山(泉区上飯田・瀬谷区南瀬谷)から阿久和へ向かう途中、
細かくいうと阿久和の山谷という集落への入口なのである。
この道祖神は五輪塔だそうで、芝付石から上に
七七道祖神と刻まれている区内では珍しいものだそうである。
また写真右の男女二体の姿を現しているのは双神塔だそうで
村の繁栄と子孫が栄えることを願って建てられているそうである。

20091207b

山谷道祖神から近いところにある農家の土蔵。
こうした蔵は珍しくなっているが、たいへん立派で
また美しい外観に惹かれるものがあったので。

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ヘルベルト・ブロムシュテット 4 | トップページ | 第1655回N響定期公演 »

コメント

この土蔵は立派ですね。真っ白で綺麗ですね。扉も重量感があっていいです。
鼠穴なんては出来なそうですね(笑)
日中は扉を開けて風を入れているのですね…。
今は本当に見なくなりました。貴重な存在ですよね。
昔から受け継がれているものは大切していかなくては…と私も思います。素敵なお写真を見せていただきました。

投稿: れもん | 2009年12月 8日 (火) 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/46962621

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 49:

« ヘルベルト・ブロムシュテット 4 | トップページ | 第1655回N響定期公演 »