« 横浜の風景から 50 | トップページ | 鎌倉からの風景 »

2009年12月20日 (日)

古今亭志ん輔 「文七元結」

TBS落語研究会で放送された
「古今亭志ん輔」特集からの二席をDVD-Rに保存。
「品川心中(上)」「文七元結」
まずは「品川心中」だが、今回(上)というからには
今後(下)があるかもしれないとのことで
ここではいつもの通り、金蔵が品川の海から上がってきて
ずぶ濡れ姿で親分の家に来て、大騒ぎというところまでだが、
お染にその仕返しをしてやろうというのが(下)なのである。
品川心中の(下)は聞いたことがないので、ぜひお願いします。
そして「文七元結」は、年内に聞くのもこれで最後かな…
ちょうど先週「文七元結」の長兵衛さんの情景を歩いてきたので
志ん輔師匠で改めて聞きつつ…確認しつつ…思い出しつつ…
やはり「文七元結」は格別だ!感動的で何とも素晴らしい。
私は志ん輔師匠が大好きなので…いい噺で最高である。
目で見て…目の前に情景が広がる。その描写の豊かさ。
そして耳で聞いて…噺をじっくり聞かせてくれる…
いま一番魅力的な落語家のひとりである。
「文七元結」「芝浜」…年末の噺を聞けるのももうちょっとだ…
今のこの季節感が何とも心地よく、冷たい風が身にしみて…
もうい~くつ寝ると「御慶!永日!」

|

« 横浜の風景から 50 | トップページ | 鎌倉からの風景 »

コメント

『文七元結』も『芝浜』も素敵なお噺ですよね。
落語から年の瀬を感じるのも中々、乙ですよね。
私は五代目小さん師匠の『御慶』が大好きなんです。
無邪気な御慶!御慶!御慶!の三連発がたまらないです。
新年のご挨拶には元気に叫びたいな〜

投稿: れもん | 2009年12月21日 (月) 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47072371

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん輔 「文七元結」:

« 横浜の風景から 50 | トップページ | 鎌倉からの風景 »