« NHK音楽祭2009 | トップページ | 古今亭志ん八の会 »

2009年12月23日 (水)

井戸の茶碗で東京散歩

新年1月18日の「柳家小満んの会」で
小満ん師匠は「清正公酒屋」を演じてくださるのだが、
今日はその予習で「白金の清正公様」へ。
一般的には「清正公様」というと「井戸の茶碗」かな。

20091223a1

五反田の駅から桜田通りの坂を上って行くと
最初に見つかるのが東五反田1丁目の雉子神社。
この神社がたいへんに立派だった。
地図で勝手にイメージしていたのとは大違い。

20091223a2

面白いのが、雉子神社はビルの下にある。
というよりは…神社の上にビルが建ったのだ。
よく神社がビルの屋上に移されてしまうという話は聞くが、
神社に覆いかぶさるようにビルがあるのははじめて見た。

20091223b1

さらに桜田通りを進むと東五反田3丁目の袖ヶ崎神社。
この神社は、私はすごく好み。雰囲気かな…何かを感じる。
その地域の特別な場所に神社は祀られて…
そして神社という空間には、様々な力が集まってくる。
長い歴史の中で神社を守ってきた人たちの想いかな。

20091223b2

年の瀬なので、松や注連縄(しめ縄)が飾られて
年越しの準備は着々と。何ともいい空気である。
この季節が私は好きだ。いいときに来たのかも。

20091223c

広い桜田通りを反対側に渡って
白金台2丁目にある真先稲荷神社。
この神社は小さい。狭い路地を入っていくと見つかる。
町内のお稲荷さんだ。生活と密着という雰囲気がいい。

桜田通りの坂を登りきったところが高輪台の交差点で
しばらくはまっすぐに進み、清正公様を目指す。
明治学院大学の前を通って、もう少し行ったところに
通称「白金の清正公様」の最正山覚林寺がある。

20091223d1

「清正公」は「せいしょこう」と読み、
江戸っ子は親しみを込めて「せいしょこさま」と呼んだそうである。
祀られているのは、もちろん加藤清正公で
朝鮮出兵の折に王族の幼い姉弟を連れ帰ってきて
その弟君が成長して、後に出家し、日蓮宗の僧日延上人となった。
そして白金の地に最正山覚林寺を開設して、
加藤清正公を「清正公大神義」として祀ったそうである。

20091223d2

この清正公様が出てくる噺というと「井戸の茶碗」。
屑屋さんたちが清正公様境内の水茶屋に集まって
細川屋敷の若侍(高木佐久左衛門)の噂をするという場所。
現在の清正公様には水茶屋はないのだが…
一方の千代田卜斎も清正公様脇の裏長屋に住んでいたのである。

20091223e

清正公様の前の交差点が「清正公前」。
五反田からの桜田通りと目黒からの目黒通りの合流地点で
交通の要所といえるのかも。大きな交差点。
清正公様の覚林寺前の横断歩道を渡って、
旧細川屋敷の跡地を目指す。高木佐久左衛門がいた屋敷。
つまり屑屋の清兵衛さんが行ったり来たりした場所だ。

20091223f1

桜田通りと垂直に坂を上って行くと
地図にない神社があった!古寿老稲荷神社。
ここも風情のある味わい深い神社だ。

20091223f2

鳥居の横に面白いものを見つけてしまった!
「落語 古今亭雷門」と彫ってある。
現在ではそういう名跡は聞いたことがないけれど
昔の落語家でそういう人がいたのだろうか。
その人がこの神社に何らかの関わりがあったのか?

20091223g

坂を上りきったところの角に「虎屋」という和菓子屋さん。
見つけた!小満ん師匠の「江戸東京落語散歩」にも紹介されている。
栗饅頭と梅最中をお土産に買ってきた。
小満ん師匠も最中を食べながら散歩したそうな。

20091223h1

高松中学校の脇にある旧細川屋敷のシイの木である。
この中学校や高輪図書館がある高輪支所、そして高松宮邸と
この辺一帯は、江戸時代には細川屋敷があった場所。

20091223h2

このシイの木が太い。東京都指定の天然記念物だそうだ。
現在は高さを止めているようだけど、昔はさらに大きかったそうで。

20091223h3

旧細川屋敷跡で…私は「井戸の茶碗」の細川屋敷を目指したのだが
一般には、赤穂浪士の大石内蔵助を含む17人が、
細川家にお預けになって、切腹した場所というので有名らしい。
近くには「大石良雄等自刃ノ跡」という石碑もあった。

20091223i1

現在は坂下の桜田通りが交通の中心となっているが
以前は坂上の寺町を通り抜けている道が街道だったようである。
というのは、江戸古地図を見ると明らかで
その点では坂上の旧道を歩いた方が面白い。
無数の寺院が存在していて、寺はきりがないので
私が立ち寄ったのは、高輪1丁目の丸山神社。
ここも雰囲気がある。高輪は歴史ある町なのだ。

20091223i2_2

丸山神社の横には通力稲荷大明神が祀られていた。
本当に素晴らしい空間。ついゆっくりしたくなってしまうが、
そろそろ日も暮れてきたので、高輪台の駅を目指した。

20091223j

高輪台へ向かう途中に面白い建物。高輪消防署。
都営地下鉄浅草線に乗って日本橋へ。
夜は日本橋亭で「古今亭志ん八の会」である。

|

« NHK音楽祭2009 | トップページ | 古今亭志ん八の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47101688

この記事へのトラックバック一覧です: 井戸の茶碗で東京散歩:

« NHK音楽祭2009 | トップページ | 古今亭志ん八の会 »