« 井戸の茶碗で東京散歩 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

2009年12月23日 (水)

古今亭志ん八の会

「井戸の茶碗」散歩を堪能して
都営浅草線の高輪台から日本橋へ。
高島屋の出口を出て、日本橋を渡って、
夜はお江戸日本橋亭の志ん八さんの会に行ってきた。
今回は特別ゲストが登場!志ん五師匠である。

柳家さん市:寿限無
古今亭志ん八:男の約束
古今亭志ん五:井戸の茶碗
古今亭志ん八:穴どろ


まずはさん市さんが登場。はじめて会えた。
さん喬一門で…喬の字・小太郎・小んぶ・さん市の順番。
さん市さんはまだ前座になって日が浅いんだ…
いや…でもすごく落ち着いて…上手かった。
渋いんだけど、きっちり安心して聞けて、実力あるぞ!
「寿限無」の後半で加速していくところも鮮やかに決まっていたし。
志ん八さんの一席目は新作で「男の約束」。
楽しかった。何ともいえない微妙な空気が絶品。
オチはびっくりで…とってつけたような展開がおかしくて!
でもそのしっかり驚かせるところは、新作の醍醐味だし、
一方で噺の構成で古典落語の展開・作り方がしっかり見えてきて、
その点では、きちんとできている印象もあるし、
志ん八さんはやっぱり勉強しているんだな…という。
古典から学び取ったことを新作でいかして、
新作を作ることでそれが古典を演じるときの助けになる。
志ん八さんにはこれからも新作にチャレンジしてほしい。
それで古典でもどんどん実力を上げてもらって、応援しています。
そして志ん五師匠の登場!実は聞くのは久しぶりだ!
カッコいい~!めちゃカッコいい~渋い!
まずは志ん八さんの師匠として、ご挨拶があって、
弟子教育の中でいつも言っていること、それは「正直に」。
おっ、来た!正直者といえば…清兵衛さん。
「麻布の茗荷谷に…」。「井戸の茶碗」だ!ホントに?
さっきまで「井戸の茶碗」の舞台を歩いていたら
夜は本物が聞ける。それも志ん五師匠で。
驚きと感激!こんなこともあるんだ!
何て今日は素晴らしい日なのでしょう。
想いが通じたのかな。志ん五師匠はよかった~感動。
今年のトリは志ん八さんの「穴どろ」で大晦日の情景。
季節の噺ということでその空気にぴったり気持ちもひとつになって、
大店に上がりこんで、飲んで…食って…酔っ払いになる場面、
志ん八さんはよかった!「穴どろ」はいいなあ。楽しい。
「夏泥」の反対で「冬泥」かな。あったかい気持ちになれるような…
でもこの噺は、本当は泥棒に入っているわけではないので…
そこもちょっと違って、悪人ということでもないし…
大店の旦那も今日は大晦日でめでたいことがあったので…
叱って聞かせてこのまま帰らせると…何となくそういうところ
すっきり気持ちが晴れるような、なかなかいい噺だと思う。
そういうことで…すごく満たされた思いに感謝しつつ…
今年の落語はこれにて終了。ありがとうございました。

|

« 井戸の茶碗で東京散歩 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47104435

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん八の会:

« 井戸の茶碗で東京散歩 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »