« 文七元結で東京散歩 | トップページ | シュトゥットガルト放送2007/2008 »

2009年12月13日 (日)

さん若!ばっきゃの会

「文七元結」散歩で長兵衛さんを体験した後
蔵前から急いで神保町の落語カフェへ。
「第2回 さん若!ばっきゃの会」を聞きに。

柳家さん若:鈴が森
柳家さん若:棒鱈
柳家さん若:粗忽の釘


一席目は泥棒のマクラからドジな新米が登場で
「出来心」かな…と思ったら「鈴が森」ではないか!
「鈴が森」は面白いのだ!最高である!大好きな噺。
ずっと思っていることだが、さん若さんはキャラ作りが魅力で
最近はその演じ方もちょっと派手に濃厚な仕上がりで、
そこに味があるので、こういう噺は会場も大盛り上がり。
噺の登場人物のキャラに頼りすぎもいけないそうだけど…
でもさん若さんの持ち味はそこら辺にあるのかな…って
なかなかはじけて…私はいいなあと思っています。
続いて二席目も「棒鱈」でこちらも明るく楽しい噺。
酔っ払いと田舎侍の描き方がいい。元気!
隣通しの部屋だけど、噺の中で行ったり来たり…
場面はころころ変わるのだが、鮮やかだったし!
仲入り後、ネタ下しの「粗忽の釘」である。
これまた大好きな噺で…面白いのだ。
ちょうど先週も朝太さんの「粗忽の釘」を聞いたばかり。
でもここが面白いのだが、朝太さんは古今亭の「粗忽の釘」で
さん若さんはさん喬師匠から教わったそうだけど
こちらは柳家の「粗忽の釘」なのである。
噺の流れは一緒だが、細かいところはかなり違っている。
古今亭の方が、くすぐりが多くて、
とにかく場面ごとに毎回笑わされている印象だが、
柳家の方がきっちりと聞かせて、場面で細かく笑わせるより
「粗忽の釘」という噺全体で笑わせるという感じなのである。
よくいえば…格調高い仕上がりといえるような…
しかしどちらにしても「粗忽の釘」は楽しい噺。
さん若さんの粗忽ものはいいなあ。
「粗忽の使者」もあるし、できたら「松曳き」をリクエスト!
アンケート用紙にリクエストしたのは「百川」なんだけど。

|

« 文七元結で東京散歩 | トップページ | シュトゥットガルト放送2007/2008 »

コメント

たけおさん、ご来場ありがとうございました。
「百川」、機会があったらぜひやってもらいたいですね~『うっしゃ!』
粗忽者シリーズも是非とも☆

投稿: にゃじ | 2009年12月15日 (火) 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47022040

この記事へのトラックバック一覧です: さん若!ばっきゃの会:

« 文七元結で東京散歩 | トップページ | シュトゥットガルト放送2007/2008 »