« 横浜の風景から 55 | トップページ | 横浜の風景から 57 »

2010年1月 3日 (日)

横浜の風景から 56

20100103e

宮沢神明社から和泉川沿いにしばらく歩いて
少し山に入ったところにある山王稲荷社。
ふたつの鳥居が重なっているが、
奥には山王社と稲荷社というふうに
お社が別々に祀られている。

この山王稲荷社は宮沢神明社よりも古いそうで
宮沢集落は江戸初期に上矢部村の人々によって
開墾されたのだが、その際に心のよりどころとして
工事の安全と早期の完成、五穀豊穣、家内安全を願って
この地に建立されたそうである。

20100103f

お正月ということでお社が開帳されている。
お稲荷さんの狐がいて、太鼓なども収められていた。
この稲荷社は竹がお嫌いとのことで
宮沢地区では、正月の門松に竹が使用されないそうである。

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 横浜の風景から 55 | トップページ | 横浜の風景から 57 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47198020

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 56:

« 横浜の風景から 55 | トップページ | 横浜の風景から 57 »