« レナード・バーンスタイン 10 | トップページ | 横浜の風景から 62 »

2010年1月 5日 (火)

横浜の風景から 61

20100105a

瀬谷区阿久和南1丁目にあるお墓山。
これまでにも遠くから見たお墓山の全景は紹介していたが、
お墓山という…実際はどんな場所なのか?というのを
外出した際に寄り道をして、写真を撮ってきた。
ここは昨年の夏の甲子園に出場した隼人高校の
まさにその野球場のすぐ横なのである。

20100105b

江戸時代の旗本で安藤氏の墓地となっていることから
この辺では「お墓山」と呼ばれるようになった。
泉区新橋町にある観音寺の寺領だそうである。
大阪冬の陣、夏の陣で多くの軍功を上げた
安藤次右衛門正次は、徳川幕府の旗本として
所領2540石を拝領し、阿久和村もその一部だった。
ここに墓があるのは、三代正珍(まさよし)、
その弟で正頼(まさより)、四代正程(まさのり)で
明治維新に至るまで、安藤氏が治めていたそうである。

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« レナード・バーンスタイン 10 | トップページ | 横浜の風景から 62 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47215720

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 61:

« レナード・バーンスタイン 10 | トップページ | 横浜の風景から 62 »