« 横浜の風景から 64 | トップページ | 横浜の風景から 66 »

2010年1月 7日 (木)

横浜の風景から 65

20100107c

泉区新橋町の新橋の交差点から
横山家の長屋門を目指して少し歩き、
すぐに弥生台駅の方へ曲って、山に突き当たるのだが、
そこで分れ道になっていて、道祖神が祀られていた。

20100107d

ここは「夫婦道祖神」である。
石碑に仲むつまじい夫婦の姿が彫られているという。
家内安全や子孫繁栄の願いが込められているのでは?
道祖神をみて、なぜここにあるのだろう?
昔の人はどういうことを願って、ここに建てたのだろう?
というのをいろいろ想像すると面白いのである。

20100107e

さらに山の方へ上がって行くと給田橋があり、
相模鉄道のいずみ野線が通っているのだが、
写真の正面の森は五霊社の山である。
社殿は木々に隠れているが、鳥居が見える。

ここへの行き方はこちらにお問い合わせください
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 横浜の風景から 64 | トップページ | 横浜の風景から 66 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47231884

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 65:

« 横浜の風景から 64 | トップページ | 横浜の風景から 66 »