« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 新築住宅の見学会 »

2010年1月29日 (金)

彦いち・喜多八・紫文・正雀

今日はNHK「真打ち競演」からの四席を聞いている。
今回は落語三席の間に紫文さんの三味線漫談。
彦いちさんは北海道豊浦町で…
喜多八殿下は石川県穴水町で…
紫文さんと正雀師匠は栃木県真岡市での公開録音。

林家彦いち:不動坊
柳家喜多八:小言念仏
柳家紫文:三味線漫談
林家正雀:幸助餅


紫文さんはいつもの「長谷川平蔵」だけど…
三味線の音色を聞いているだけでも最高!もちろんネタも面白い。
定席ではトリの前に色物が入るが、こういう流れもいいなあ。
彦いちさんは「不動坊」で…新作の軽妙な雰囲気が漂うが、
これがいい!彦いちさんの独特なお喋りで古典もすごく面白い。
殿下の「小言念仏」は、時間も短いし(16分)…
最初にラジオで聞いたとき、「小言念仏」はラジオ向きじゃないよ!って、
会場の人たちは楽しそうにしているけれど、どういう表情なのか?
どんな身振りなのか?わからないのがストレスたまったが、
でも改めてじっくり聞いてみると…やっぱり殿下はいい!
トリの正雀師匠は「幸助餅」という人情噺で…
珍しい噺なのではないか。題名もよく知らないけれど、
やっぱり正雀師匠はこういう噺で聞かせる!

|

« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 新築住宅の見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47423453

この記事へのトラックバック一覧です: 彦いち・喜多八・紫文・正雀:

« バイロイト音楽祭2009 | トップページ | 新築住宅の見学会 »