« 横浜の風景から 83 | トップページ | ニューイヤーコンサート2010 »

2010年1月31日 (日)

黒門亭でさん生・小勝・小里ん

今日は私的には魅力的な顔付けで朝から黒門亭へ。
「馬石・さん生・小勝・小里ん」という…いいではないか!
二ツ目の出演も馬るこさんとわさびさんなので
これは聞かねば!という感じである。
第1部の番頭さんがさん生師匠で
前座さんのきょう介さんと早くから会場の準備。
師匠が出ているからと第2部に出演のわさびさんも朝からで
入口付近ではさん生師匠とわさびさんが接客をして
開場までの待ち時間も楽しかった。
でも実は一番に来たのは、トリの小勝師匠。
以前に「源平盛衰記」で師匠と漫才共演したことがあって、
ご挨拶したところ、そのときの話題でお喋りして下さった。
自然体で気さくな優しい師匠である。今日は「火焔太鼓」だ。

第1部
古今亭きょう介:たらちね
鈴々舎馬るこ:阿武松
隅田川馬石:松曳き
柳家さん生:猫の皿
三升家小勝:火焔太鼓


今年になって、きょう介さんはよく会う。
だんだん落ち着いてきている感じで
聞くたびに上手くなっている。楽しみだ。
馬るこさんがすごくよかった。相撲ネタで「阿武松」。
とにかく面白くて、会場は爆笑なのだけど、
「阿武松」は人情噺としても聞かせる噺だし、
馬るこさんはその辺のメリハリもきっちりとつけて
お見事だった!相撲取りの描写もさすが上手い。
馬石さんが粗忽ネタで…何と「松曳き」だった。
私の大好きな噺。殿様と三太夫さんの粗忽合戦は聞きもの。
粗忽さゆえの言葉の行き違いが面白くて、実にいい噺である。
仲入り後にさん生師匠が「猫の皿」。実演でははじめて聞いた。
骨董ネタとして小勝師匠の「火焔太鼓」につながっていく。
「火焔太鼓」は幸せな気持ちにしてくれる楽しい噺で
何度聞いても素晴らしい!今月二度目である。
私としては、今日は…おかみさんとのやり取りに味わいがあって、
やっぱり小勝師匠はいいなあ!という…大満足の第1部だった。

20100131a

第2部
古今亭きょう介:子ほめ
柳家わさび:だくだく
三遊亭圓龍:雑俳
柳家小里ん:笠碁

今日は第1部も第2部も大入りで盛り上がったが、
その迫力に押され気味のわさびさんは面白すぎ。
マクラでおどおどして…喋りが上手く行かなくて…
それで噺に入ると絶好調になるというのは作戦だと思うのだが
泥棒のマクラから「こんちは!」で導入の瞬間、
わさびさんがいきなり自分でツボにはまって笑いが止まらず…
最初でこけたのには…面白くって面白くって。
でも「だくだく」で壁に絵を描きはじめると…どんどん進んで、
最後の「血がだくだく流れているつもり」まで
客も夢中になって引き込まれていくところでは、やっぱり上手い!
下りる際に思わず…高座返しをして引き上げていくという
しまった!という顔でニヤリと「今日は前座のつもり」。
圓龍師匠は今日がはじめてだ。圓生一門である。
言葉遊びの社会派マクラから今日は「雑俳」。
新作風にしないきちんとした古典の「雑俳」である。
昔の三代目金馬さんの「雑俳」と比べると
時代にそぐわなくなった面白い句がずいぶん消えているけれど
それでもネタはたくさんあるもので…自由自在に言葉を操る
「雑俳」という噺はすごいな…と毎回発見ばかりなのである。
トリは小里ん師匠。今日は「笠碁」だった。素晴らしい!
師匠の所作や表情、目の動きの細かさ、巧みさには感動。
後半で雨の場面になるが、目の前に情景が広がる…
小里ん師匠って、私的には声の感じがものすごく心地よくて
噺を耳から聞くというだけで満たされるものがあるのだけれど
今日の「笠碁」に関しては、その描き出される情景、
まさに絵になる師匠の姿にうっとりであったのだ。
今日はみんなよかった!充実の一日に感謝である。

20100131b

|

« 横浜の風景から 83 | トップページ | ニューイヤーコンサート2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47448308

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭でさん生・小勝・小里ん:

« 横浜の風景から 83 | トップページ | ニューイヤーコンサート2010 »