« 黒門亭で右太楼・市馬・志ん橋 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

2010年1月11日 (月)

桃太郎・圓丈・文楽・扇橋

NHK「日本の話芸」で録りためた四席をDVD-Rに保存。
順番は私なりに下記のような内容にしてみたが、
相変わらず「日本の話芸」は豪華な顔付けで魅力である。

昔々亭桃太郎:ぜんざい公社
三遊亭圓丈:茶金
桂文楽:宿屋の富
入船亭扇橋:ざこ八


桃太郎師匠の「ぜんざい公社」は有名だけど
めちゃめちゃ面白い。独特な空気の不思議な世界が広がる!
最近は古典に熱心な圓丈師匠の「茶金」が「日本の話芸」に。
圓丈師匠はいいなあ~私は大好きなのでたまらない。
「茶金」だけど、圓丈風で…でもきちんとした古典だから面白い。
文楽師匠は「宿屋の富」。この噺は大好きだ。
嘘つきはいけないけど…なんか許せちゃう…江戸のお笑い。
富くじに当たるというのも新春に聞くにはおめでたい!
扇橋師匠の「ざこ八」という噺ははじめて聞く。珍しいのかな?
この噺…「ざこ八」のつぶれた身代を復活させるというのはわかったが、
後半の展開、オチがよくわからない。難しい。どういうこと?
扇橋師匠の味わい深い語りには、すごく引き込まれる。
二回続けて聞いてしまった。「先の仏」に対して「今の仏」。
「先の仏」というのは、身代をつぶした前のドラ養子で
「今の仏が怒りだす」…「ざこ八」を復興させた鶴吉は仏様ということか。

|

« 黒門亭で右太楼・市馬・志ん橋 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47269207

この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎・圓丈・文楽・扇橋:

« 黒門亭で右太楼・市馬・志ん橋 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »