« 彦いち・喜多八・紫文・正雀 | トップページ | 横浜の風景から 83 »

2010年1月30日 (土)

新築住宅の見学会

今日は横浜線に乗って新横浜へ。
新幹線の下りホームからよく見える方角なのだが、
「篠原口」という改札ははじめて出てみた
親しい私の先輩に新築住宅を見せてもらった。

20100130a

山の斜面を造成して、新しく区画された住宅地である。
坂を上がって行った高台の敷地で眺望がポイント。
黒い外観もスッキリしていて、シャープな線は私も好き。

20100130b

玄関を入って、1階から階段吹き抜けの上の階を見る。
鉄板は平らなのだが、内装として壁に張ると
思った以上に波があって、表情が生まれてくる。
それは魅力でもあるのでいいのだが、
一方で鉄板と鉄板の継ぎ目をきれいに処理するのが難しく、
今回も非常に苦労しているとのことだった。

20100130c

そして2階に上がって、眺望である。
写真は南側の大開口で明るく開放的。
しかしこの住宅はそれだけではなかった。
反対側の北側を振り返ると高台という地形を生かして
新横浜の街を一望できるのである。これはすごい!
都市の風景ではあるが、夜景がきれいだそうだ。
この敷地はいわゆる「旗竿」の形状で
その竿の部分が駐車スペースで取られているので
家のまわりに庭があって…という感じではない。
隣と接して、まわりを取り囲まれている印象。
しかし開口のとり方と視線のコントロールで
かなりゆったりとプライバシーもあって、
気持ちのいい落ち着ける空間である。
私もこういう空間作りに興味があるのだけど
ちょっとした工夫の積み重ねでずいぶん変わってくる
ということを再確認したのであった。

|

« 彦いち・喜多八・紫文・正雀 | トップページ | 横浜の風景から 83 »

コメント

素敵なお宅ですね。
こだわりのあふれるゆったりとした空間はいいな〜
私もそんなお家に住みたいなぁ…。
夢のまた夢ですけど!

投稿: れもん | 2010年1月31日 (日) 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47434407

この記事へのトラックバック一覧です: 新築住宅の見学会:

« 彦いち・喜多八・紫文・正雀 | トップページ | 横浜の風景から 83 »