« ウィーンフィル2003/2004 | トップページ | ウィーンフィル2003/2004 »

2010年2月10日 (水)

ウィーンフィル2003/2004

ウィーンフィル2003/2004シーズンの第4回定期演奏会。
2003年12月14日にウィーン楽友協会から生中継されたものである。
ペーター・シュナイダーの指揮による第3回に続いて、
今日は第4回定期演奏会で指揮はマリス・ヤンソンス。
メンデルスゾーンの序曲「ルイ・ブラス」、シューマンの交響曲第2番、
そして後半はムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編曲)。
プログラムの前半を聞いていて、「展覧会の絵」はまた明日。
ペーター・シュナイダーは自然体で角のとれた音作りだが、
ヤンソンスだとやはりずいぶん違っていて、スタイリッシュに
引き締まった響きで…テキパキと明解!実にカッコいい。
これはどちらが良い悪いではなく、違うからこそ興味尽きないのであり、
音楽の素晴らしさ、奥行きの深さなのである。
でもどちらもウィーンフィルの特色は存分に引き出されていて、
その辺はさすがとしかいいようのない…何ともいえない満足感。

CDR567/568

「マリス・ヤンソンス」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« ウィーンフィル2003/2004 | トップページ | ウィーンフィル2003/2004 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47533699

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンフィル2003/2004:

« ウィーンフィル2003/2004 | トップページ | ウィーンフィル2003/2004 »