« ベートーヴェン音楽祭2009 | トップページ | ルツェルン音楽祭2009 »

2010年2月13日 (土)

菊之丞・志ん輔・雲助

今日はNHK「真打ち競演」からの三席を聞いている。
昨年10月に収録された…菊之丞さんは千葉県八千代市にて
そして志ん輔師匠と雲助師匠は北海道雄武町での録音である。

古今亭菊之丞:幾代餅
古今亭志ん輔:宿屋の富
五街道雲助:お見立て


菊之丞さんは上手い!お客の心をつかむその魅力はさすがで
でも23分で「幾代餅」というのは、ちょっとさすがに時間不足か…
後半の清蔵さんと幾代大夫のやり取りで
職人と花魁の口調が混ざってしまっているのは、残念…
時間に余裕があれば、後半さらに感動が増したはずなのだけど
噺の山場でここ!というところで時間に追いつめられた印象なのだが。
志ん輔師匠の「宿屋の富」も25分に詰め込みで
最初にラジオで聞いたときは、テンポ速いな…
もっとじっくり聞きたいな…一方通行だな…と思ったのだが、
でもこちらは逆に後になってじっくり聞くといいのである。
さすがに志ん輔師匠の魅力だな~という。
湯島天神境内の場面で会場がかなり盛り上がっているので
きっと視覚的にも魅力の高座だったのだろうと
その点ではラジオは残念だ。どんなだったのかな…
雲助師匠はお馴染みの「お見立て」を
余裕をもってたっぷり演じていて、こちらは最高!
杢兵衛大尽の派手な田舎っぷりもラジオには効果的で!
面白いし、楽しいし、喜瀬川花魁、喜助、お大尽の演じ分けも
場面が次々に展開していく情景が音だけでも目に浮かぶ。
志ん輔・雲助が来る!なんて、北海道雄武町がうらやましい。

|

« ベートーヴェン音楽祭2009 | トップページ | ルツェルン音楽祭2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47555606

この記事へのトラックバック一覧です: 菊之丞・志ん輔・雲助:

« ベートーヴェン音楽祭2009 | トップページ | ルツェルン音楽祭2009 »