« 横浜の風景から 94 | トップページ | エクサン・プロバンス音楽祭2009 »

2010年3月30日 (火)

エクサン・プロバンス音楽祭2009

エクサン・プロバンス音楽祭2009から
サイモン・ラトル指揮ベルリンフィルによる
ワーグナーの楽劇「神々の黄昏」(序幕と第1幕)
6月28,30日、7月9日にプロバンス大劇場で収録。
今月BShiで放送された映像である。
演出・美術・映像はステファヌ・ブロンシュウェグ。
先週のバイロイトにおける「マイスタージンガー」に比べると
どうもこちらは舞台への関心が湧いてこない…
ワーグナー・テノールのベン・ヘップナーによるジークフリートは
もちろん注目の存在なのだが、何となく私の好みではないようで。
他の歌手もよく知らないのだが、ハーゲンは特に光っている。
ミハイル・ペトレンコで…これから後半へと期待だ!
第1幕第3場で登場のワルトラウテが
アンネ・ソフィー・フォン・オッターである。ブラヴォ!
何か不思議な感じだけど…ここでしか聞けないだろう。
やはり注目は…ラトルとベルリンフィルである。
特別なことを仕掛けてくるのか?ラトルなら…
ということだけど、思ったよりも普通に聞けて
非常に丁寧に音楽を進行させて、完成されている印象。
管楽器に現れる主導動機はさすがの音色で
この辺はベルリンフィルならでは!という…
第1幕は長丁場だが、第3場で後半に行くにしたがって
響きにも緊張感がみなぎって、引き締まってくるところなど
やっぱりラトルは上手くて、引き込まれる。感動的だ。
第2幕以降も楽しみに聞いていきたい。

DVDR164/165/166

「サイモン・ラトル」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 横浜の風景から 94 | トップページ | エクサン・プロバンス音楽祭2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47954617

この記事へのトラックバック一覧です: エクサン・プロバンス音楽祭2009:

« 横浜の風景から 94 | トップページ | エクサン・プロバンス音楽祭2009 »