« 横浜の風景から 92 | トップページ | ロンドン交響楽団2007/2008 »

2010年3月21日 (日)

米團治・正蔵・小遊三・鯉昇

TBS落語研究会で放送された四席をDVD-Rに保存。

桂米團治:親子茶屋
林家正蔵:蜆売り
三遊亭小遊三:蜘蛛駕籠
瀧川鯉昇:てれすこ


米團治さんが素晴らしい!マクラもすごく面白いし。
小米朝から米團治への襲名に関する話題。
「親子茶屋」というのは上方の噺か?
上方落語は詳しくないが、鳴り物入りで明るい茶屋の風景。
「蜆売り」はいい噺だ!正蔵さんにもぴったりのネタ!
子供が出てくる噺は、正蔵さんにはよく合う。
親方と蜆売りの子供とそして若い衆、演じ分けも魅力的。
この「蜆売り」は驚くほどに見事な一席。人情噺に感動。
小遊三さんがお馴染みの「蜘蛛駕籠」。面白い噺だ。
酔っ払いの相手をする場面は「うどんや」にそっくりだけど
次々に登場してくるとんでもない客が落語的展開。
今日のトリは鯉昇師匠。独特の空気。これが最高!
噺が「てれすこ」だから少々マクラは長めか…
「てれすこ」って、有名な噺だけど…それほどでもないのだが
しかしそれをしっかり聞かせてしまう鯉昇師匠はやっぱり素敵!

|

« 横浜の風景から 92 | トップページ | ロンドン交響楽団2007/2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47870950

この記事へのトラックバック一覧です: 米團治・正蔵・小遊三・鯉昇:

« 横浜の風景から 92 | トップページ | ロンドン交響楽団2007/2008 »