« ネルソン・フレイレ 夜想曲 2 | トップページ | 横浜の風景から 94 »

2010年3月28日 (日)

黒門亭で朝也・蔵之助・小ゑん

20100328a

今日は小ゑん師匠の「アキバぞめき」を聞きに黒門亭へ。
その前に上野公園や不忍池のまわりを歩いてみたのだが、
この寒さで桜もまだまだこれからという感じ。
満開は開花の一週間後というけれど…完全に一週遅れだ。

第2部
林家扇:元犬
春風亭朝也:唖の釣り
橘家蔵之助:佃島
柳家小ゑん:アキバぞめき


今日の前座さんは扇さん。
ときどき聞いているけれど、確実に上手くなっている。
「元犬」だったが、ネタも着実に増えているようで。
続いて朝也さんが、与太郎のマクラから話題は釣りに
来た!「唖の釣り」。これは面白い噺。
後半の七兵衛さんの唖の真似が笑える。
蔵之助師匠がマクラたっぷりで噺家の名跡に関する…
非常に興味深い…一歩外に出たら何の役にも立たないという
マニアックな話題に夢中になってしまった。
そして噺は聞いたことのない…「釣り」つながりなのだけど
海釣りに出て…嵐で漂流…行った先は外国?実は佃島だったという。
佃島ネタでは「佃祭り」の他にもそのまま「佃島」という噺があったのだ。
そしてお待ちかねの「アキバぞめき」。去年も黒門亭で聞いているが、
どうしてももう一度聞きたくて…やっと念願の噺に再会できる!
現在のオタク・アキバを拒否して…昔懐かしい電気街の秋葉原が甦る…
小ゑん師匠のレトロ・シリーズでもあるが、倉庫の二階に再現された…
秋葉原電気街の情景描写も実に引き込まれるし…美しい青春の風景…
様々な電気パーツ(さっぱりわからず…)の言いたても圧巻だ!
古典の「二階ぞめき」の展開も巧みに取り入れられているので
オタク・レトロ・落語マニアックとここまで見事に一体となった傑作はない!
とにかく面白くて…最初から最後まで爆笑の魅力的な一席であった。
「アキバぞめき」聞けてよかった。小ゑん師匠ありがとうございました。

20100328b

|

« ネルソン・フレイレ 夜想曲 2 | トップページ | 横浜の風景から 94 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47939639

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で朝也・蔵之助・小ゑん:

« ネルソン・フレイレ 夜想曲 2 | トップページ | 横浜の風景から 94 »