« 今日思ったこと | トップページ | 落語につぶやき 20~木乃伊取り »

2010年4月19日 (月)

落語につぶやき 19~突落し

昨年9月に黒門亭で聞いた
志ん橋師匠の「突落し」という噺。
これも珍しい噺だと思うけど、
ネット上に六代目圓生師匠の録音を発見。
久しぶりに聞いてみると思いだす。面白い!
町内の若い衆が金もないのに吉原でどんちゃん騒ぎ。
翌朝…紙入れがないと一芝居を打つ。
お歯黒どぶでみんなで小便をしようと
馬(勘定をもらいに付いてきた見世の若い衆さん)も
関東の連れしょんで付き合えと無理やりに…
そこでどぶに馬を突き落として、逃げてしまうという。
圓生師匠の録音では、うまく突き落として
逃げてきたところでサゲになるけれど…
たしか…志ん橋師匠のでは、与太郎が…
付き落とす人を間違えて、馬も一緒に
訳も分からず逃げてくるという爆笑の展開だったのだが、
そちらは志ん朝一門の型なのかもしれない。
志ん朝師匠の録音も残されているようだが、
まだ聞いたことがなく…興味ある。

|

« 今日思ったこと | トップページ | 落語につぶやき 20~木乃伊取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48133081

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 19~突落し:

« 今日思ったこと | トップページ | 落語につぶやき 20~木乃伊取り »