« 落語につぶやき 20~木乃伊取り | トップページ | 落語につぶやき 22~真景累ヶ淵 »

2010年4月21日 (水)

落語につぶやき 21~仲蔵と淀五郎

芝居の「忠臣蔵」からの場面が描かれる落語で有名なのは
まずは「七段目」そして「四段目」と…
でもやっぱり好きなのが「中村仲蔵」でこちらは五段目。
最初に「中村仲蔵」の噺を聞いたのは
八代目の林家正蔵さんだった。
その後で同じく彦六の正蔵さんの「淀五郎」を聞いたところ
そちらは「忠臣蔵」の四段目だったのである。

ネット上にあるさん喬師匠の「中村仲蔵」を聞いてみたところ
まさに人情噺の感動的な仕上がりで…さらに
八代目正蔵さんのも別録音があったので聞いてみて…
「中村仲蔵」は他にも志ん生、先代馬生、…といろいろあるが、
そこで続いて六代目圓生さんの「淀五郎」を聞いてみたところ
これがまた感動的で…とにかく素晴らしい。
淀五郎が切腹の芝居を相談に行く場面、
中村座の座頭になった後年の中村仲蔵が登場するのである。
芝居噺で「中村仲蔵」「淀五郎」は本当にいい噺。

|

« 落語につぶやき 20~木乃伊取り | トップページ | 落語につぶやき 22~真景累ヶ淵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48148975

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 21~仲蔵と淀五郎:

« 落語につぶやき 20~木乃伊取り | トップページ | 落語につぶやき 22~真景累ヶ淵 »