« レナード・バーンスタイン 12 | トップページ | 落語につぶやき 13~樟脳玉 »

2010年4月 8日 (木)

南西ドイツ放送交響楽団

ハンス・ツェンダーの指揮によるシューベルトの交響曲全集。
バーデン・バーデン、フライブルクの南西ドイツ放送交響楽団の演奏で
交響曲 第3番 ニ長調 D.200(2000.4.14)
交響曲 第4番 ハ短調 D.417「悲劇的」(1996.3.7)
シューベルト好きの私であるが、たまらなく素晴らしい!
ハンス・ツェンダーの引き出す響きにも厚みが増してきたが、
ゆったりとした貫禄と同時に明解な彫刻は実に鮮やかで
躍動感ある音楽には喜びがあふれている。
スケルツォの楽章では独特のリズムとアクセントが個性的で
その辺には前衛的な深い切り込みが感じられる。

Hanssler 93.120

|

« レナード・バーンスタイン 12 | トップページ | 落語につぶやき 13~樟脳玉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48034391

この記事へのトラックバック一覧です: 南西ドイツ放送交響楽団:

« レナード・バーンスタイン 12 | トップページ | 落語につぶやき 13~樟脳玉 »