« 落語につぶやき 24~お化け長屋 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

2010年4月26日 (月)

南西ドイツ放送交響楽団

ハンス・ツェンダーの指揮によるシューベルトの交響曲全集。
バーデン・バーデン、フライブルクの南西ドイツ放送交響楽団の演奏で
交響曲 第5番 変ロ長調 D.485(2004.1.25,26)
交響曲 第6番 ハ長調 D.589(2000.10.31,11.10)
なんて素晴らしい演奏だろう!基本はゆったりとしているが、
ハンス・ツェンダーの明確な音楽はいきいきと躍動して、
暖かみのある角のとれた響きながら…立体的な構築は鮮やかに。
交響曲第5番は比較的人気の高い作品だが、
でもシューベルトの交響曲は、退屈に感じている人も多そうで
しかし私のようなシューベルト・マニアにとっては、
たまらなく親しみの存在なのであり、これぞ癒しなのである。

Hanssler 93.120

|

« 落語につぶやき 24~お化け長屋 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48192496

この記事へのトラックバック一覧です: 南西ドイツ放送交響楽団:

« 落語につぶやき 24~お化け長屋 | トップページ | バイロイト音楽祭2009 »