« WDR交響楽団2007/2008 | トップページ | 今日の風景から »

2010年4月 3日 (土)

南西ドイツ放送交響楽団

ハンス・ツェンダーの指揮によるシューベルトの交響曲全集。
バーデン・バーデン、フライブルクの南西ドイツ放送交響楽団の演奏で
交響曲 第1番 ニ長調 D.82(1999.5.19, 11.11)
交響曲 第2番 変ロ長調 D.125(2002.2.9-15)
明快でくっきりと晴れわたるシューベルトは気持ちいい!
ハンス・ツェンダーの厳格な音楽構築は隅々まで完璧だが、
音は明るく、リズムは躍動して、その楽しさといったら
この上ない喜びである。何という透明な響き!
シューベルトの初期の交響曲だが、私は大好きだ。
基本は単純だけど…ときにハッとするような和声があり、
やはりシューベルトはいいのである。素晴らしい!

Hanssler 93.120

|

« WDR交響楽団2007/2008 | トップページ | 今日の風景から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/47988604

この記事へのトラックバック一覧です: 南西ドイツ放送交響楽団:

« WDR交響楽団2007/2008 | トップページ | 今日の風景から »