« 横浜の風景から 96 | トップページ | レナード・バーンスタイン 14 »

2010年5月12日 (水)

ウラディーミル・アシュケナージ 3

1977年のアシュケナージを聞いている。
フィルハーモニア管弦楽団を弾き振りして
モーツァルトのピアノ協奏曲全集を完成させているが、
1977年12月のK.453とK.467でスタートしたと思われる。
音が美しく、弱音の透明感、輝きは最高だ。
アシュケナージは楽しげな表情付けを行っているけれど
その仕上がりはというと…非常に落ち着いて、大人の音楽。
ハ長調K.467は特に魅力的で…私のお気に入りである。
ピアノ協奏曲を録音年代順に聞いていきたいと思う。

CDR590

「ウラディーミル・アシュケナージ」に関する記述はホームページにもございます
http://homepage3.nifty.com/tsukimura/

|

« 横浜の風景から 96 | トップページ | レナード・バーンスタイン 14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48345206

この記事へのトラックバック一覧です: ウラディーミル・アシュケナージ 3:

« 横浜の風景から 96 | トップページ | レナード・バーンスタイン 14 »