« 今日の風景から~犬は賢い | トップページ | 今日の風景から~金沢八景 »

2010年5月15日 (土)

クラウディオ・アラウ 4

クラウディオ・アラウの名演を振り返っているが、
ここで1960年代の前半にまでさかのぼって、
ベートーヴェンのピアノ・ソナタを聞いていくことにした。
アラウは1960年代にベートーヴェンの協奏曲とソナタの全集を
完成させているが、1962年6月がそのスタートのようである。
5曲のピアノ・ソナタを録音しており、その中から今日は
第13番と第14番「月光」の作品27、第15番作品28の3曲。
アラウ独特の味わい深いベートーヴェンではあるが、
やはりまだ巨匠も若くて、非常にスムーズな流れである。
最も顕著なのが「月光」で骨太ではあるが爽快感も漂っている。
後のデジタルによる再録音では、「月光」は実現する前に
アラウが亡くなってしまったので、その意味ではこちらは貴重な演奏。
晩年に比べるとスタンダードな印象ではあるが、私は好きである。
第15番も勢いがあって、音楽の力強い構築は魅力的だ。
録音年代順に続いて聞いていきたいと思う。

CDR593

|

« 今日の風景から~犬は賢い | トップページ | 今日の風景から~金沢八景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/48368447

この記事へのトラックバック一覧です: クラウディオ・アラウ 4:

« 今日の風景から~犬は賢い | トップページ | 今日の風景から~金沢八景 »